たびのたねで 電子書籍版『散歩の達人・北陸さんぽ』を購入し、参考にしました。
とはいえ、ほとんどノープラン状態で開始です。
決まっているのは初日に東尋坊へ行くということだけです(笑)


友人のYちゃんとは仕事がらみで知り合ってからもう10年以上の付き合いになります。
私は人付き合いが苦手だし、フィーや交渉やその他諸々仕事の大事なことが苦手なので、いつもYちゃんに頼ってばかりいます。
Yちゃんはとっても優秀なビジネスウーマンです。
今はふたりで ITmedia名作文庫 に 関わっています。


Yちゃんは割と遠い他県に住んでいるので、小松空港で待ち合わせしました。
新幹線が開通しましたが、旦那さんのANAのマイルを使って飛行機で行きました。
小松空港は初めて行きましたが、あまりの近さにびっくりしました。
家から羽田空港までおよそ1時間、飛行機に乗っている時間が1時間。 実際に飛行機が飛んでいる時間なんて20分くらいだった気がします。 離陸したと思ったら着陸という感じでした。
今回はYちゃんが車で空港まで送迎してくれたので、本当にらくちんでした。




福井県《 三國湊みくにみなと

小松空港から車を走らせ東尋坊方面へ。
東尋坊へ行く前にちょっと寄り道。お隣りの三國湊へ。
散達に載っているジェラートがとても美味しそうだったので立ち寄ることに。

ジェラート・カルナ  gelato & sweets CARNA  ← ネットで購入可能

私は「矢野源一郎&洋子さんのみかん」、三國の海・雄島の岩場から海水を汲んできて塩を作っているという「塩」、おまけのひとくちに「きなこ」。
「みかん」は冷凍みかんを食べている感じの、みかんそのもの。塩はさっぱりしたミルクという感じでした。どの味もとっても美味しかったです。 余計なものが入っていない感じがしました。










ちょうど2日前の21日に三國まつり が終ったばかりで、町は祭のあとの気配に包まれていました。
それもあってか、観光客はほとんどいなかったです。

三國まつりで使う山車をしまっておく建物 ↓



三國湊の名所マップ ↓





旧岸名家住宅
大正2〜3年の材木商住宅を復元した「かぐら建て」町屋




旧森田銀行本店


三國湊を代表する豪商・森田家が明治半ばに創立した銀行。大正9年施工。
県内に現存する最古の鉄筋コンクリート造りの建物だそうです。

ガイドさんに色々聞きながら建物内を観て回りました。

おもしろかったのは、カウンターに置かれていた募金箱についての話。
不思議な形の募金箱なので当時の何かの復元に違いないのだけど、 それが何なのか全く想像つかなかったのでガイドさんに訪ねると、 当時銀行がご近所さんに配った貯金箱を模して作ったものだそうです。

その貯金箱は鍵が付いていて、その鍵は森田銀行が持っていたんですって!
開けるには森田銀行に行かなくてはならないというシステムになっていたそうです!おもしろい!

当時は他の銀行もそうだったのかしら?





北陸はデザインセンスが良いという印象を持ちました。 今回私が見た紙ものは良いデザインが多かったです。
シンプルで色使いがうまいです。
紙も手触りや質感の良いこだわったものを使っているところが多いように思いました。
みくに龍翔館で中学生が描いた絵が飾られていたのを見てもプロみたいな色彩感覚と画力とデザインセンスに驚きました。




みくに龍翔館




三国の様々な文化遺産を展示している郷土資料館。
明治時代にオランダ人エッセル(だまし絵で有名なエッシャーのお父さん)がデザインした龍翔小学校を復元した建物。

ここには私の好きな高見順さんの展示もありました。
タナボタ的に高見順さんの展示が見られてちょっと得した気分です。

北陸には有名な作家さんが数多くいます。
最も有名なのはやはり室生犀星でしょうか?
三國湊では、高見順、中野重治、三好達治、森田愛子という名前をよく見ました。


以前私が高見順さんの詩からインスパイアされて描いた柘榴の画
 ↓ 




写真はないですが、三國神社にも行きました。業者さんたちが祭りの跡始末をしていました。


波屋ではお土産に『もみわかめ』を買いました。




散達に載っていたおそば屋さん『そば処 大はら』に行ったら、 これがひどいお店で、およそ蕎麦とは呼べないシロもの(蕎麦というより蕎麦色のうどん)が出て来て参りました。
たくさん取材を受けているそうなのでメディアにはよく出ているようですが、私はおススメしません。





福井県《 東尋坊とうじんぼう

東尋坊の名前の由来が、悪僧「東尋坊」が突き落とされて殺されたことに因るのを初めて知りました。
今でも自殺者がいるそうです。

船から見る景色は絶景で、天気も良かったのでとっても気持ちよかったです。
東尋坊観光は遊覧船に乗るのがおススメです。

自然はすごいなぁと驚愕しっぱなしでした。本当に自然の力だけでこんな姿になるなんて信じられません。
場所によって岩の姿がまるで違うのはやっぱり不思議です。
なぜか日本ではない景色に見えました。外国の景色に感じました。
なぜかイースター島のモアイが頭に浮かびました。






崖の上に立っている人!!! 怖くないのかしら...(@_@;)











石川県 山代温泉《 ゆのくに天祥てんしょう  http://www.yunokuni.jp/

ANAのホームページで石川県の温泉を調べていた時にいいなと思った宿。
マイルが使えなかったので、じゃらんで予約。思った通りとっても良かったです。
他の宿泊客のみなさんは夕飯を食べている時間だったのか、写真の温泉が貸し切り状態でした。
大浴場はこの写真の他に2つあり、時間帯で男女入れ替えになります。
おもしろい無料サービスもありました。 おススメの宿です。




旅館で実演販売していたきんつば ↓
試食サービスで食べたらこれまで食べたきんつばの中でいちばん美味しかったので、お土産に買いました。







石川県 《 兼六園けんろくえん

旅行前の天気予報では22度だったのに、実際は真夏日。
旅館にあった加湿器の存在にふたりとも気が付かず、風邪をひいてしまったYちゃんは照り付ける太陽でダウン寸前。
ふたりとも天気予報を信じた服装だったので暑くて参りました。
日陰を探しながら休み休み園内を散歩しました。












石川県 《 長町ながまち武家屋敷跡 》《 せせらぎ通り・尾山おやま

この界隈はとっても素敵でした。旅行に来たなぁと思える場所です。
オシャレな可愛いショップも沢山あって、楽しかったです。

街ぶらを取ったので美術館は断念しました(美術館に行きたくて金沢旅行にしたはずなのに!苦笑)。
なんとなく美術館という気分ではなかったのです。
でも、街ぶらにして良かったと思います(^^)





セレクトショップ Gloiniぐろいに   http://www.gloini.net
家具やテーブルウェア、洋服やバッグなど、世界中から仕入れられたインテリア雑貨のお店です。
とってもオシャレで素敵なお店でした。いいなぁと思うものが沢山ありました。







オヨヨ書林しょりんせせらぎ通り店   http://www.oyoyoshorin.jp
有名な古本屋さんです。
お隣りのビストロの席が空くのを待っている間にのぞきました。
大正時代の鉄工所を利用したお店で、レトロで可愛い、とっても素敵なお店でした。






ひらみぱん   http://www.hiramipan.com
オヨヨ書林とひと続きの建物にあります。
予約していなかったのですぐには入れなかったのですが、席が空いたら連絡をもらうことにして待っていました。
待つ甲斐のあるお店です。
パンも料理もとっても美味しくて、近くにあったらいいのに!と思うお店です。
合成的な味がしないちゃんとした料理を出してくれるお店です。また行きたいです。





↑ ビシソワーズ


↑ 私はケーク・サレ。


↑ Yちゃんはキッシュ。


帰りに抹茶のスコーンとパン・オ・フリュイを買いました。
抹茶のスコーンがものすごく美味しかったです。もっと大量に買ってくれば良かったです.....(T_T)





尾山神社おやまじんじゃ   http://www.oyama-jinja.or.jp
加賀藩祖・前田利家と正室のまつを祀る神社。
神門は和洋折衷の珍しい神門です。

境内にはなぜかちょっと笑ってしまう前田利家像と(背負ったホロが大き過ぎやしません?)、
スレンダーで洋物っぽい狛犬がいました。









ワタナベヤ!   http://watanabeya.jp
尾山神社の神門のすぐ横にある小さなパン屋さん。
お店は小さいけど蒸しパンはもっちもちですっごく美味しいです。ここもおススメです。


木いちごカスタード(180円)
どの蒸しパンもクリームやチョコやクリームチーズなどが中にたっぷり入っています。
そしてどれも食べたことのない蒸しパンで、どれも美味しいです。





福井県《 新竪町しんたてまち商店街 》  新竪町 Facebook

ワタナベヤ!の店の横に『コーヒー大作戦』というイベントのチラシが貼ってあり、見ればイベント開催日は今日!!
場所はこれから行こうとしている新竪町商店街。

新竪町は犀川さいがわのすぐそばにある小さな商店街です。
昭和レトロな雰囲気で、東京かと思うような雑貨店が並びます。

イベントのせいなのかそれとも普段からそうなのか、歩いている人はオシャレな人が多かったです。


セレクトショップ benlly's&jobべんりーず あんど じょぶ
20年以上続く生活雑貨店。海外国内問わず様々なオシャレグッズが並びます。
名前の由来は「便利&丈夫」(笑)




















犀川沿いにあるいくつかの素敵なお店に何軒か寄って、小松空港へ向いました。

あっという間の2日間でした。
北陸に来たのに海鮮を一切食べない私たち(笑)魚は暑い時には食べたくならないものです。
私とYちゃんは食の好みがシンプル系で似ているうえに3食きちんと摂らない派。 そしてパン好きなので今回はこんな感じのレポートになりました。

皆さんが思い描く北陸旅行とはだいぶ違っているかも知れません(苦笑)
なのであまり役に立つ情報はないかも知れません。


今回は美術館や文学館に行けなかったので、またいつか行きたいです。




最後は帰りの飛行機からの写真で締めたいと思います。
とっても素敵な夕暮れが見えました。









ページトップへ ↑
Copyright © 2015 Sachiko Yagihashi. All rights reserved.