9:55 羽田発のANAでフランスへ。羽田発はやっぱり近くて便利です。

旦那さんがANAのダイヤモンド会員なので、 座席以外はファーストクラスと同等のサービスが受けられてびっくり。
チェックインも搭乗もスイスイだし、荷物もすぐ出て来るし、持ち込める手荷物も増えるし、 ダイヤモンド会員というのはスゴイんですね...。

ANA SUITE LOUNGEの無料サービスビュッフェ



およそ12時間のフライトでシャルルドゴール空港へ到着。

空港にこんなオブジェがありました。



CDGからシャトルバス(ロワシーバス)でオペラ座まで行き、タクシーを拾ってホテルへ。

タクシーの運転手さんに、
『Voudriez-vous me conduire á l'hôtel Le Compostelle ( adress : 31, rue du Roi de Sicile ), SVP.』
と書いた紙を見せたらちゃんと連れて行ってくれました。




Hôtel Le Compostelleホテル ル コンポステール   http://www.lecompostelle.com/


ホテルはかなり古く、海外の安宿って感じでした。海外に来たって感じがして、そういうの好きです。
エレベーターは年代物でいつ動かなくなってもおかしくないくらいガタコンガタコン音を立てていました。
建物は古いけどちゃんと掃除はされているし、スタッフはみんな感じの良い人だったし、私は概ね満足でしたが、
朝方は悲鳴のような騒音とゴミ収集の騒音がすごかったです。
近くにカフェや飲み屋が多くあって夜の方が賑わう通りで、飲食店が多いため通りは汚くてちょっと臭かったです。
ツインルーム3泊 405.90€(朝食なし)




ホテルに荷物を置いて、ちょっと近くを散歩。ポンピドゥーセンターあたりへ行ってみることに。

ポンピドゥーセンターはだいぶ古くなって劣化していました。
建てられた当初から私はあまり好きな建物ではなかったけど、古くなって錆と汚れで痛ましい姿になっていました。
建物にもびっくりしたけれど、街自体も何だか汚くなった気がしました。私が以前にパリを訪れたのはもう17年も前のことなので変わって当然なのだけど、 パリってこんなに汚かったかしら?とちょっと悲しくなりました。

街は汚くなったけど、人は昔よりずいぶん親切になりました。殆どの人が英語で会話してくれます。
日本語を話せる人もいてびっくりしました。




イタリアンジェラートのチェーン店 Amorinoアモリノ

http://www.amorino.com/fr/


私も旦那さんも甘いものが大好きなので、ここのジェラートは旅の間に何度も食べました。
フランス最初の食事がイタリアンジェラートってどうなの?って感じですが.....(苦笑)

チェーン店なので行く所行く所でこのお店に出会いました。
PETIT POT (約3€) という一番小さいカップでも量が多いので、ふたりで1個でも充分です。とても美味しかったです。
私のいちばんのおススメはCaféです。








ぶらぶら歩いているうちに小腹が減って来たので屋台でクレープを食べました。
バケッドサンドを食べたかったのですが、ポンピドゥーセンターの附近にはケバブとかピザとかしか見当たりませんでした。
ちょっと怪しい界隈でした。









Hôtel de Ville de Paris (パリ市庁舎)
フランス語で『Hôtel』は泊まるホテルだけでなく公共建造物の場合にも使われます。






Hôtel Le Compostelleの最寄駅 METRO St.Paulサン・ポール




Hôtel Le Compostelle


ページトップへ ↑
[ Day1 ・ PARIS ]   [ Day2 ・ PARIS ]   [ Day3 ・ PARIS ]   [ Day4 ・ Mont St.Michel ]
Copyright © 2015 Sachiko Yagihashi. All rights reserved.